机の上に2冊の本とスペイン語話せますかと書かれた黒板、スペインの旗が付いた棒の入ったペン立てが写っている画像

このページのまとめ

  • スペイン語は日本人が覚えやすい言語で、必要な勉強時間も比較的短め
  • スペイン語学習は、発音・単語・文法の順に基礎から覚えていくと良い
  • 目と耳で多くのスペイン語に触れ、アウトプットも心がけると習得が早い
  • テレビや動画サイトを用いて、日常にスペイン語を取り入れるのも有効
  • スペイン語の検定合格を目指すなら、試験対策も必要になる

スペイン語を身につけたい方に向け、効率の良い勉強法を紹介します。コラムを読んで、自分に合った学習方法を探してみましょう。

また、本コラムを提供するレバレジーズキャリアメキシコでは、日本人のメキシコでの就職をサポートしています。海外で働くにあたって、メキシコも視野に入れている方は、ぜひご相談ください。

アドバイザーに詳しく聞いてみる

スペイン語学習の難易度って?

hard、normal、easyと書かれたブロックのイメージ

外国語習得を目指す方にとって、難易度は気になるところでしょう。難易度によって、勉強方法や使う教材も変わってくるはずです。そこで本項では、スペイン語習得の難易度について解説します。

スペイン語習得の難易度は低い

スペイン語は、日本人が比較的習得しやすい言語です。
母音が日本語と同じなので、カタカナ英語に近い感覚で発音することができます。表記通りに発音しないドイツ語やフランス語と比べると、馴染みやすいでしょう。

また、語順は「主語」「動詞」「目的語」という順番が基本ですが、語順を変えても意味が伝わるので、文章を柔軟に組み立てられます。

スペイン語習得に必要な勉強時間は比較的短い

日本人がスペイン語を習得するのに必要な勉強時間は、およそ720時間とされています。英語の習得にはおよそ1500時間が必要とされているため、半分程度の勉強時間で話せるようになるスペイン語は比較的易しい言語といえます。

とはいえ、長期的な勉強は必要なので、きちんと計画立てる必要があります。学生であれば数ヶ月で習得する余裕もありますが、社会人が勉強する場合はコツコツ取り組むと良いでしょう。

◆関連記事
スペイン語の勉強方法は?おすすめの教材やアプリなどをご紹介

アドバイザーに詳しく聞いてみる

スペイン語を学ぶメリット

講師から指導を受ける女性の画像

スペイン語を学ぶメリットは、以下のようなものがあります。

4億人以上のスペイン語話者と会話できる

スペイン語の母語話者は、4億人以上いるとされています。これは、中国語や英語に次ぐ人口の多さです。スペイン語を学ぶことで、多くの外国人とコミュニケーションが取れるようになります。交友関係を広げたり、ビジネスに活用したりすることができるでしょう。

スペイン語圏の文化をより楽しめる

スペイン語圏には魅力的な文化があります。たとえば、ラテンアメリカの音楽、映画、文学などがより理解できるようになるため、人生がより豊かになるはずです。

日本人が習得しやすい

スペイン語は、発音しやすく、文章も柔軟に組み立てられるので、習得しやすい言語です。社会人でも1年程度勉強すれば話せるようになるでしょう。

人材価値が高まる

スペイン語話者は人口が多いため、スペイン語話者を相手にするビジネスも多数存在します。スペイン語が話せれば、就職・転職で有利になる可能性があるでしょう。

◆関連記事
目指せ海外就職!メキシコでスペイン語通訳の職に就く

アドバイザーに詳しく聞いてみる

スペイン語学習の一般的な進め方

ノートと鉛筆、付箋のイメージ

スペイン語学習の基本的な順序を解説します。

1.読み方を覚える

スペイン語はアルファベットで構成されているので、韓国語やロシア語のように新しく文字を覚える必要はありません。ただし、同じアルファベットでも読み方は英語と異なるため、覚える必要があります。

たとえば、英語の「A・B・C・D」は、「ア・ベ・セ・デ」と発音します。ほかのヨーロッパ系言語と共通する発音も多いほか、ローマ字読みする文字もあるので覚えるのは難しくありません。

2.単語を覚える

アルファベットの読み方を覚えたら、単語を暗記していきましょう。
単語を丸暗記するより、例文などとセットで覚えるのがおすすめです。エピソードや感情と紐づけすることで、長く頭に残りやすくなります。

また、スペイン語は覚えるべき単語数がほかの言語より少なくて済むのも特徴です。英語の覚えるべき単語数はおよそ3000語が目安ですが、スペイン語の場合は1500~1800語程度が目安。暗記する量が少なくていいので習得のハードルは低めです。

男性名詞と女性名詞がある

スペイン語には男性名詞と女性名詞の分類があるため、名刺を覚える際はチェックしておきましょう。形容詞・冠詞にも男性形と女性形があり、名詞の性と合わせる必要があります。例外もありますが、名詞の語尾が「o」で終わると男性名詞、「a」で終わると女性名詞であることが多いです。

3.文法を覚える

文法の勉強は、単語の暗記と並行して進めましょう。
スペイン語の文法は簡単ですが、応用的な文法もあります。まずは基本文法から覚えていくのがおすすめです。文法と単語を覚えたら、作文を書いたりしてアウトプットするとより定着します。

4.日常会話で使うフレーズを覚える

挨拶や自己紹介など、日常会話でよく使うフレーズを覚えると意思疎通がしやすくなります。単語を入れ替えれば応用も効くので、さまざまな表現ができるようになります。

5.スペイン語で会話する

外国語習得で肝心なのは、海外の人とコミュニケーションが取れるようになることです。座学も重要ですが、実用的なスペイン語を学ぶなら、実際に会話するのが最も効果的といえます。失敗を恐れず、積極的に会話をしましょう。

スペイン語学習で重要なこと

スペイン語学習では、以下のような点が重要となります。

  • なるべく多くの文章に触れる
  • スペイン語の音声を聞いて慣れる
  • インプットだけでなくアウトプットも心がける

特に、スペイン語のネイティブスピーカーは、話すスピードが早いうえ、巻き舌を用いた発音をするので、耳を慣れさせておくと良いでしょう。

◆関連記事
スペイン語留学の方法とおすすめの国について

アドバイザーに詳しく聞いてみる

スペイン語の効率の良い勉強方法

ヘッドフォンを首にかけた女性がノートパソコンを見ながら笑顔で勉強している画像

机に向かって勉強するのはもちろん重要ですが、スペイン語を効率よく習得するには、空いた時間やプライベートの時間など、日常にスペイン語を取り入れるのが効果的です。

本項で、スペイン語を日常に取り込む方法を確認してみましょう。

スペイン語のテレビ番組を見る

テレビでは、スペイン語講座の番組が定期的に放送されています。家で楽しく視聴できるので、モチベーション高く勉強できるでしょう。見たい内容が放送されるとは限りませんが、継続して視聴していればスペイン語に慣れることができるはずです。

動画サイトの語学系動画で勉強する

You Tubeなどの動画共有サイトで、語学系の動画を見るのも良いでしょう。初心者向けの動画から上級者向けの動画まであるため、自分のレベルに合った動画で学べます。また、スペイン語圏の人が話している動画を見るだけでもリスニングの練習になります。

スペイン語の映画やアニメを視聴する

スペイン語の映画やアニメを見て、勉強するのもおすすめです。特にアニメは、キャラクターの表情などでセリフの背景が分かりやすいほか、発音がはっきりしているのでリスニング初心者も分かりやすいでしょう。スペイン語に慣れるまでは字幕をつけて、単語を調べながら見ると語彙を増やせます。

スペイン語の音楽を聴く

スペイン語の音楽を聴くだけでも勉強になります。音楽を聴く方法は、楽しく学べるうえ、無理なく継続して取り組めます。スペイン語が音と一緒に耳に入ってくるので、頭に残りやすいのもポイントです。

スペイン語で読書をする

スペイン語で書かれた本を読めば、リーディングの力が身につきます。分からない単語を調べながら読めば、語彙力が身につくでしょう。スペイン語訳された日本の作品なら内容が分かっているので初心者にもおすすめです。

スペイン語で日記を書く

ライティングの力を磨きたい場合、スペイン語で日記を書くのも有効です。日記を書くと、日常生活で使う語彙が身につきます。アウトプットの練習によって表現の幅が広がるので、スピーキング力も高められるでしょう。

SNSを活用する

SNSですペン語学習用アカウントを作成するのも一つの手です。スペイン語でアウトプットをすると、ほかの人に見られる可能性があるため、正しい文法で書く意識が身につきます。一緒に勉強する仲間が見つかれば、モチベーション維持にも役立つでしょう。

◆関連記事
スペイン語を活かして就職するには?資格やアピール方法を解説!

アドバイザーに詳しく聞いてみる

スペイン語は独学で身につく?

リビングで勉強している男性がノートパソコンを見つめて悩んでいる画像

スペイン語は日本人にとって習得しやすいので、ほかの言語に比べると独学でも習得しやすいといえます。スペイン語を独学で学ぶメリットとデメリットを把握して、どのような勉強方法が適しているか考えてみましょう。

スペイン語を独学で勉強するメリット

スペイン語を独学で勉強するメリットは以下のようなものです。

費用を抑えられる

独学でスペイン語を勉強する最大のメリットは、費用を抑えられる点にあるといえます。スペイン語教室や通信講座を利用すると、月々数千円~1万円程度のレッスン料が掛かってしまいますが、独学なら参考書の購入費くらいしか費用がかかりません。出費が少なくて済むので、気軽に勉強を始められるのもメリットといえます。

自分のペースで勉強できる

独学は柔軟性が高いのが特徴です。急用があれば勉強時間をずらすことができますし、場所を選ばず自分のペースで勉強することもできます。また、苦手な分野を集中して勉強するなど、学習内容も調整できるため、バランスよくスキルを身につけることも可能です。

スペイン語を独学で勉強するデメリット

スペイン語を独学で勉強するデメリットは以下のようなものがあります。

モチベーションが続かない

スペイン語は比較的簡単な言語とはいえ、習得するにはおよそ1年程度の時間が必要となります。独学だと、一緒に勉強する仲間が見つけづらく、また費用も掛かっていないので、モチベーションを維持するのが難しい可能性があるでしょう。分からないことを聞ける講師もいないので、勉強に行き詰まってしまうこともあります。

勉強効率が悪くなる可能性がある

独学で勉強しようとすると、無理な学習スケジュールを組んでしまったり、学習内容に偏りが生じてしまったりする可能性があります。また、語学習得には、「読む・書く・聞く・話す」勉強のバランスが重要ですが、スペイン語初心者の方が適切な学習計画を立てるのは難しいといえるでしょう。

スペイン語教室を利用するメリット

独学だとアウトプットの機会が少なくなりがちですが、スペイン語教室では定期的にアウトプットの機会があります。スペイン語を書いたり話したりできるので、実践的な語学力が身につくでしょう。また、分からないことがあればすぐ講師に聞ける点もポイント。疑問を残さず新しい知識を次々身につけられるので、効率よく学べます。

◆関連記事
スペイン語で就職を有利に進めよう!活かせる資格やアピールできるポイント

アドバイザーに詳しく聞いてみる

スペイン語の検定合格を目指す勉強方法

鉛筆、だるま、本、ノートを写した画像

スペイン語で基本的な会話をしたい場合は、基本的な発音と文法を押さえたうえで、定形表現を暗記するのが近道です。

一方、スペイン語の検定合格を目指す場合、テスト対策も必要となります。本項目で、検定合格を目指す場合の勉強方法を確認しておきましょう。

スペイン語検定は西検とDELEの2種類がある

スペイン語の検定試験でメジャーなのは、「スペイン語技能検定(西検)」と「DELEスペイン語検定」の2種類です。試験の特徴はそれぞれ異なるため、目的に応じて受ける検定を選びましょう。

スペイン語技能検定(西検)

文部科学省が認定した公益財団法人日本スペイン協会が実施する検定で、主にスペイン語と日本語を結びつけた能力が試されます。海外就職に活かすことも可能で、通訳者や翻訳家を目指す場合におすすめです。

DELEスペイン語検定

スペイン教育・職業訓練省が発行し、インスティトゥト・セルバンテスが実施する公認の検定です。スペイン語のグローバルスタンダードともいえる検定で、スペイン語能力の証明として世界各国で通用します。検定内容は純粋にスペイン語の能力を試すもので、留学や就職の際にアピールすることもできます。

◆関連記事
スペイン語検定のレベルを解説!就職に活かせるのは4・5級から

まずは出題範囲を把握する

検定合格を目指してスペイン語を学ぶ場合、どこまで勉強すれば良いか限定するために、まずは受ける検定の出題範囲を把握しましょう。そのうえで、出題形式にも対応できるような網羅的な学習スケジュールを組むようにしましょう。

基本知識から身につける

検定合格を目指す場合も、発音から学び、その次に単語や文法を覚える流れが効率的です。発音をしっかり覚えておけば、単語も覚えやすくなり、文法書の例文も頭に入りやすくなるでしょう。

過去問や練習問題を解く

単語や文法を覚えて、基礎知識が身についたあとは、過去問や練習問題を解いてみましょう。実際に問題を解くと、自分の苦手な分野が客観的に分析できたり、出題傾向をつかむことができます。検定合格を目指す場合、出題形式に慣れることが重要なので、なるべく多くの問題に取り組みましょう。

◆関連記事
スペイン語の履歴書の書き方!就職に有利なスペイン語資格も解説

スペイン語のスキルを活かして海外就職を考えている方は、Leverages Career Mexicoにご相談ください。Leverages Career Mexicoは、日本にお住まいの方や、現地在住の方のメキシコ就職をサポートする就職・転職エージェントです。
求人の紹介から、企業との連絡、面接対策、入職後の相談まで手厚くフォローしていますので、ぜひお気軽にご相談ください。

メキシコの就職、生活事情に詳しい
アドバイザーがあなたをサポートします

海外経験がない方も全面バックアップ!

無料相談を申し込む