このページのまとめ

・スペイン語は世界3大言語ともいわれ、スペイン語人口はおよそ5億人
・スペイン語を活かせる仕事は、通訳や貿易事務、多言語対応のコールセンターなどさまざま
・日本国内では英語や中国語に比べるとスペイン語を使う仕事は少ない
・外国では、スペインやアメリカ、メキシコでスペイン語が活かせる求人が見つかる
・スペイン語力を証明するには、DELE(スペイン語認定証)がおすすめ


今回のコラムでは、これからスペイン語を学ぶ方、すでにスペイン語ができる方に向けて、スペイン語が活かせる仕事や求人が見つかる国を紹介します。
日本国内だけではなく、海外にも目を向けて仕事を探してみませんか?

スペイン語はどんな言語?

世界3大言語といわれるスペイン語は、スペインはもちろん中南米の国々で広く使われている言語で、スペイン語を公用語とする国と地域は世界で20以上になります。
スペイン語の普及のためにスペイン政府によって設立された「インスティトゥト・セルバンテス東京」によると、世界のスペイン語人口はおよそ5億人。
中国語や英語に続いて話者数が多いことで知られ、国連でも英語、フランス語、ロシア語、アラビア語、中国語と並ぶ公用語となっています。
なお、メキシコをはじめとする南米諸国にスペイン語を公用語とする国が多いのは、かつてスペインが南米を植民地として支配していた歴史的な経緯によるもの。メキシコのスペイン語人口は、世界で最も多い数値を記録しています。

アドバイザーに詳しく聞いてみる

スペイン語を活かせる仕事

日本国内では英語や中国語に比べるとスペイン語を活かせる求人は少ないですが、スペイン語が使われる中南米は経済発展が見込める国が多く、将来性は充分あるといえます。
また、スペイン語は英語・中国語に比べて習得者が少ないため、職場によって貴重な人材として重宝される可能性もあるでしょう。

日本国内でスペイン語が活かせる仕事としては、以下の例が挙げられます。
・通訳
・翻訳
・貿易事務
・多言語対応のコールセンター
・ホテルスタッフ
・スペイン語講師
・在日大使館のスタッフ

翻訳はフリーランスで働く人もいますが、企業内でメールや人事規定の翻訳をしたり、翻訳会社で製品カタログを翻訳したりという仕事もあります。
外国人観光客が増えている現在、外国語を話せるスタッフを募集するホテルは増えており、観光の分野でもスペイン語を活かせるでしょう。
また、スペイン語を公用語に指定する国が多いことから、在日大使館での求人は比較的見つかりやすいかもしれません。

アドバイザーに詳しく聞いてみる

スペイン語で仕事ができる国

日本国内ではご紹介したような仕事が見つかりますが、やはり英語や中国語と比べるとスペイン語の需要は少なく、給与や勤務地などの条件を満たす仕事を探すのは難しい面があります。
仕事探しの幅を広げたい、スペイン語を存分に活かした仕事がしたいと考えるなら、海外での就職がおすすめ。
ここではスペイン語を活かせる国の例を挙げるので、参考にしてください。

【スペイン】
スペイン語を活かすなら本国スペインで働きたい、という人は多いのではないでしょうか。スペインが好きでスペイン語を習得した人にとっては、スペイン文化に囲まれて仕事をするのは魅力的です。スペインは有給休暇の取得率が高くワークライフバランスがとりやすいため、プライベートを充実させやすいのも利点の1つ。
ただ、スペインは若者の失業率が高い状態が続いており、外国人が就職するのは難しい傾向にあります。スペインで就職するには、日本人であることをいかに武器にできるかを考えましょう。

【アメリカ】
英語の次にスペイン語の話者数が多く、カリフォルニア州やアリゾナ、ニューメキシコ、フロリダでスペイン語を話す人が目立ちます。
もし英語ができるのであれば、日本語と英語、スペイン語の3ヶ国語を強みに就職することも可能です。地域によっては日系企業も多く、スペイン語を活かせる求人が見つかるでしょう。
ただ、アメリカの就労ビザ取得は年々厳しくなる傾向にあり、ビザを手にするには仕事に関連する経験や実績などの審査に合格する必要があります。アメリカでの就職は、ビザがハードルになると心得ておきましょう。

【メキシコ】
スペイン語を母国語とする人口が世界で最も多く、スペイン語を活かしたい人におすすめできる就職先です。
メキシコには自動車や自動車部品を製造する日系企業が相次いで進出しており、日本人向けの求人が多いのが特徴。ビザの取得も比較的容易なため、スペイン語ができれば就職のハードルはそう高くありません。
日系企業では営業や事務、人事など一般的な企業にある職種の求人が見られるほか、通訳の需要が高まっているところです。

アドバイザーに詳しく聞いてみる

就活でアピールできるスペイン語の資格

スペイン語力をアピールできる代表的な資格は、「DELE(スペイン語認定証)」と「スペイン語技能検定」の2つです。

【DELE(スペイン語認定証)】
インスティトゥト・セルバンテスが主催するスペイン語の検定試験で、1988年に始まりました。現在は世界100カ国以上で実施され、スペインへの留学・就職の際に語学レベルを証明できる試験として国際的に認められています。
DELEでは「読む」「聞く」「書く」「話す」を重視しており、取得によって実践的で総合的なコミュニケーション能力を証明できるでしょう。

【スペイン語技能検定】
日本スペイン協会が主催する検定試験。1973年に開始された後、1989年に文部省の認定を受け、1級から6級までの試験が年2回実施されています。
また、協会では2006年からビジネス西検、2012年からはスペイン文化検定を開始しており、各方面のニーズに応えているようです。

DELEとスペイン語技能検定はどちらを受けるか迷うかもしれませんが、海外での就職を目指すなら国際的に評価されるDELEがおすすめ。
DELEには「A1(入門)、A2(初級)、B1(中級)、B2(中上級)、C1(上級)、C2(最上級)」のレベル分けがあり、通訳として活躍するにはB2(中上級)レベル以上が必要といわれています。
以下に各級のレベルの目安を紹介するのでご確認ください。

・A1(入門)
生活する中でよく使われる表現を理解できるレベル。相手にゆっくり話してもらえば日常のコミュニケーションをとることができる。

・A2(初級)
自分自身や家族、買い物や興味のある場所などの日常的な事柄を理解し対応できるレベル。過去の経験や身の回りで起こったことを表現できる。

・B1(中級)
日常の身近な事柄、仕事に関連する話題が理解でき、大体の状況に対応できるレベル。個人的に興味があるテーマや出来事、希望、計画などを簡単に表現できる。

・B2(中上級)
スペイン語の多様性を認識し、複雑な内容や抽象的な話題を理解できるレベル。会話は流暢で聞きとりやすく、ディベートができる。

・C1(上級)
幅広い分野の文章や会話に関して、言外の意味や相手の態度までを読みとり、自在にスペイン語を操れるレベル。ビジネス分野、学術分野などさまざまな分野において状況に適した表現を使える。

・C2(最上級)
複雑で長い文章、抽象的な文書など、入ってくる情報全てを理解、推測できるレベル。単語や文法を正確に用い、高度な分野においてもニュアンスに応じて使い分けることができる。

アドバイザーに詳しく聞いてみる

スペイン語の仕事に就く際のポイント

「なぜスペイン語を学ぼうと思ったのか」の理由を明確にするのは面接前の大切な準備の一つ。何を実現したくてスペイン語を選んだのか、はっきりとした目的意識があると「向上心がある」と捉えられ印象が良くなります。
それからスペイン語以外に話せる言語がある人は、積極的にアピールすべきです。特に中国語や英語はビジネス上のニーズが高いので、高評価が得られるかもしれません。
さらに就活の成功率を上げるには、就職しやすい国を選ぶこともポイントです。自分の就きたい仕事や求人の数、ビザのとりやすさなどを考慮した上で、どの国で仕事を見つけるか決めましょう。

先ほどご紹介したメキシコでの就職に興味を持たれた方は、メキシコ専門の就職・転職エージェントLeverages Career Mexicoにご相談ください。
当サービスでは現地事情に詳しいアドバイザーがカウンセリングを行い、求人の提案や企業とのやり取りの代行、入社後のフォローまで、就職の全工程を手厚く支援いたします。
サービスの利用は全て無料ですので、まずはアドバイザーと話をしてみませんか?

メキシコの就職、生活事情に詳しい
アドバイザーがあなたをサポートします

海外経験がない方も全面バックアップ!

無料相談を申し込む