このページのまとめ

・海外で働くためにはフリーランスや駐在員という道がある
・海外で日本人が働いている職種には、日本語教師、レストランスタッフなどがある
・海外で働くには国の下調べ、語学学習、働きたい職種での経験が重要


「海外で働きたい」といっても、日本人が海外でどんな仕事に就けるか、どうすればいいのか不安に思っている方もいるでしょう。このコラムでは日本人が働きやすい職種と海外で働くための方法をいくつかご紹介します。実際に日本人が働いている職種を知り、あなたの海外で働きたいというビジョンを明確にして、海外での就職活動に活かしましょう。

海外で働くための方法

まずは、海外で働くための方法について解説します。

【現地の企業に就職】
オーソドックスな方法として考えられるのが、海外展開をしている日本の企業に就職する方法です。現地での就職活動だけではなく、国内の転職サービスで該当の企業を探す方法もあります。語学力に自身がない人、他者のサポートが必要だと感じている方はこちらの方法がおすすめです。専門知識を持つアドバイザーが就職活動をサポートしてくれます。面接の方法や求人情報、ビザの発行の仕方など分からないことは相談して、効率的な就職活動を行いましょう。

【フリーランスとして働く】
場所にとらわれず仕事ができるフリーランスは、専門的な技術や知識を活かして国内外で働くことができます。
海外のフリーランス案件を探すには、日本企業のフリーランス案件を探したり、フリーランス募集サイトの利用、現地の日本企業や日本人が集まる会に参加して案件を手にするのも一つの方法です。
ただし、海外でフリーランスとして働く場合、ビザの種類や取得に必要な条件、注意点を調べておく必要があります。最悪の場合、就労に不適切なビザでは強制送還や罰金、高額な追微課税の対象となるので、適正なビザを取得することで安心して働ける環境を整えましょう。

【国際NGO・地方自治体の駐在員として働く 】
NGOとはNon-Governmental Organizationの略語です。日本語では「非政府組織」や「民間団体」などと訳され、経済的利益を求めない、市民が自発的に参加、運営する団体を指します。世界各地で活動しているNGOスタッフは、生活費は出してもらえますが報酬は少ないのが一般的です。しかし、紛争や貧困にあえぐ人々を手助けすることができます。社会貢献・国際協力を行うやりがいのある仕事です。
また、都道府県などの地方自治体は外国人観光客誘致や地場産品の海外販路開拓のために海外拠点を設置しており、現在283の海外拠点があります(2020年4月時点)。

参照元:一般財団法人自治体国際化協会(CLAIR)- 報道資料

【日本企業に就職・転職し、海外へ配属】
日本企業の海外駐在員となり、海外に配属される方法です。日本基準の給与が貰える可能性が高いので物価が安い国への配属であれば生活もしやすいでしょう。現地の同じ部署には他にも日本人が配属されている場合が多いので、仕事や海外生活のノウハウを聞くことができるかも知れません。「海外で働く」という不安も軽減されるのではないでしょうか。

【ワーキングホリデーを活用】
ワーキングホリデーとは18歳から30歳までの間で、日本が協定を結んだ国で言語や文化を学びながら約1年間働くことができる制度です。なお、可能な仕事はアルバイトのみとなっていますが、ワーキングホリデーの経験を活かせば、現地で就職するチャンスを得られるかもしれません。。
日本が協定を結んでいるのはオーストラリア、カナダ、ニュージーランド、イギリス、ドイツ、フランス、アイルランド、デンマーク、ノルウェー、香港、台湾、韓国、ポーランド、ポルトガル、スロバキア、オーストリア、ハンガリー、スペイン、チェコ、アルゼンチン、チリ、アイスランド、リトアニア、スウェーデン、エストニア、オランダの26カ国です。

アドバイザーに詳しく聞いてみる

日本人が働きやすい職種

次に、日本人が海外で働きやすい職種をご紹介します。

【日本語教師】
海外の学校で日本語を教える仕事です。日本語教師の資格が必要かどうかは国や地域によって異なるので、しっかりと確認しましょう。日本語教師の資格が不要な場合であっても、資格を有していれば給与の増額が期待できます。
日本語教師の求人は、日本に出稼ぎをしに来る人や日系の会社に務めている社員へ日本語を教えるというものが多い傾向です。

【レストランスタッフ】
料理を運んだり、メニューの説明などをする仕事です。レストランなどの飲食業はそこまで高い語学力が必要とされない職種なので、比較的ハードルが低いでしょう。日本人観光客への対応など、日本人ならではの求人の需要もあるかもしれません。接客業で現地の人との交流も多いので、語学スキルも自然と身につくのではないでしょうか。

【調理師】
レストランなどの飲食店で調理に携わる仕事です。経験やスキルが物をいう職種なので、資格やスキルさえあれば海外でも十分に働くことができます。
昨今の海外での日本食ブームによって、寿司や天ぷらなどさまざまな日本食が世界的に知られています。日本食レストランの開店や進出も増えているため、多くの求人が期待できるでしょう。また、業務内容も日本での仕事と大きな差はなく、語学力に不安がある方も安心して働ける職場があるかもしれません。

【翻訳・通訳業】
言語を別の言語に翻訳・通訳する仕事です。翻訳は文芸、ビジネス文書、映像など対象も広く、日本語と外国語の意図した表現が正しく伝わるように高度な言語スキルが必要となります。
海外での通訳は、秘書業務や現地日本人のサポートも行うことが多い傾向です。
どちらもビジネスレベルの言語能力が必要で、大企業に就職するには実務経験が問われることもあります。

【ホテル業務】
ホテルに宿泊するお客様のおもてなしをする仕事です。フロントやコンシェルジュ、ドアマン、ウェイターなど幅広い職務があり、業務内容も大きく異なります。
現地の国だけではなく、さまざま国から来るお客様の言語や文化に触れることができます。普段から、細かな気遣いができる人はこういった仕事もおすすめです。。
ただ、海外の一般的にグレードが高いとされているホテルで働く場合は日本でのホテルの勤務経験が問われることが多いので、目指す方はホテルでの実務経験を積み、言語スキルも磨いておきましょう。

【エンジニア指導員】
エンジニアに業務や技術の指導を行なう仕事です。日系企業の海外進出の増加に伴い、エンジニアの指導員の需要は今後も期待できる職種です。技術や知識だけではなく、効率改善や作業改善・設備改善等の指導を行うこともあります。
海外勤務のエンジニア指導員は現地のエンジニアの育成を行うので現地の言語の習得が重要といえるでしょう。指導員という立場上、現地エンジニアに業務の相談をされる可能性が高いので、コミュニケーション能力が優れているとなお、良いのではないでしょうか。

【事務職・アシスタント業務】
職種や会社によって業務内容は異なりますが、多くの職場では電話やメール対応、文書管理、資料作成、来客対応などの仕事を行なうことが多いといえるでしょう。
こちらも通訳業同様、ビジネスレベルの言語の能力が必要とされる職種です。総務業務から経理業務まで幅広い業務に携わることがあるので、あなた自身のスキルが試されます。
日系企業に就職した場合、業務では日本語を使うので、日本での仕事と変わらない環境下で働くことができるのではないでしょうか。

【コールセンター】
お客様から掛かってきた電話に対応するインバウンドと、お客様に電話を掛け、自社製品やサービスを売り込むアウトバウンドという2種類の業務があります。
コールセンターは、経験不問の求人が多い職種です。言語を学習しながら働くことができる条件の求人も期待できるのではないでしょうか。海外で初めて働くには踏み出しやすい一歩かも知れません。
クレーム対応を行わなければいけないケースもあり、ストレスを感じたりするなどのデメリットはあるものの、働く時間が選びやすく、柔軟な働き方ができるのではないでしょうか。

【人材紹介業】
日系企業や現地の企業に人材を紹介する職種です。企業とのアポイントを取ったり、仕事を探す人のキャリア支援を行います。日本で職種の経験を積んでおくと日本と海外の就職活動の違いを説明しやすくなるなど、日本で習得したスキルが活かせるのではないでしょうか。求職者に国や海外の企業の紹介をするためにも、その国の文化や習慣への深い理解が必要といえるでしょう。

【ITエンジニア】
ITエンジニアといっても職種は幅広く、ソフトウェア制作の指揮をするシステムエンジニアや設計に基づいてプログラミング作業をするプログラマー、サーバーコンピューターの設計・構築・運用を行なうサーバーエンジニア、コンピューターネットワークの設計・構築・運用を行なうネットワークエンジニアなどの業務があります。
ITエンジニアは資格や勤続年数よりも実績や経験の方が重要視されます。海外で未経験での就職は難しいので、日本で実績を積み、ポートフォリオを用意しておきましょう。
海外で就職するためにはプログラミング技術、高度なコミュニケーション能力、マネジメント能力などの高いスキルが必要です。
世界的にIT人材は不足しています。そのため、求人も比較的多く、得意分野や経験次第では専門職やエキスパートとして採用される可能性もあります。プログラミング言語などの専門知識や生活に困らない程度の読解力があれば、高度な語学能力はあまり求められないことが多いので、語学力に自信がない方でも働くことが可能です。

アドバイザーに詳しく聞いてみる

海外で働くためにやっておくといいこと

海外で働くための方法と職種をご紹介しましたが、「海外で働きたい」という夢を叶えるために今、自分に何ができるのか、何をすれば夢に近づけるのか考えてみましょう。

【文化や生活習慣の下調べ】
国が違えば文化や習慣は大きく変わります。食文化やマナー、気候や政治など仕事のことだけではなく、生活に関わることも調べておきましょう。調べることで、その国のことを理解すれば安心して渡航できます。たとえば、現地の給与体制や治安、生活費、住居などについて調べるのもおすすめです。一度現地に下見に行くのもよいでしょう。

【語学学習】
日本語を使用する職種や日系企業に就職しても、日常会話程度の語学を習得をしておくに越したことはありません。
現地でスムーズにコミュニケーションをとるにはTOEICで700点以上であることが望ましいです。高度な言語能力が必要な職種ではTOEICで900点以上の語学力が求められるでしょう。また、英語圏の国以外にに赴任したいと考えている方は、英語だけではなく、現地の言葉も覚えておくと、現地の人とのさらなる交流が期待できます。自身の考えるキャリアプランに必要な言語の種類、レベルを見据えて学習しておきましょう。

【働きたい職種の仕事の経験を日本で積んでおく】
海外の企業が未経験者の日本人をわざわざ雇用するメリットはありません。日本と同様、経験者の需要が豊富となっているのです。
不慣れな海外で一から経験を積んでキャリアアップを目指すより、日本にいるうちから希望職種の勤務経験を積んで、海外に渡る方がキャリアアップの近道となるでしょう。自身のスキルに自信を持っていれば、慣れない環境でも動揺せずに仕事に打ち込むことができるのではないでしょうか。

海外での就職に興味がある方は転職エージェントのLeverages Career Mexico(レバレジーズキャリアメキシコ)をご活用下さい。
当サービスではメキシコの日系企業の紹介をして、海外で働きたい方のサポートを行っています。専門性の高いキャリアアドバイザーによる書類選考や面接対策はもちろん、入職後のフォローも万全です。
海外で働きたいとお考えの方は、ぜひお気軽にご相談ください!

メキシコの就職、生活事情に詳しい
アドバイザーがあなたをサポートします

海外経験がない方も全面バックアップ!

無料相談を申し込む