このページのまとめ

・海外移住できる働き方はワーキングホリデーや駐在員、現地採用などさまざま
・海外移住できる仕事は日本語教師やツアーガイドなどで、職種の幅は広い
・海外移住には、目的の明確化と渡航先の下調べといった事前準備が大切
・海外の仕事を探すのが不安な方は転職エージェントの利用がおすすめ


海外に移住できる仕事は多種多様ですが、なかには高度な専門スキルや語学力が必要になる仕事があります。そこで「資格や語学力がなくてもできる仕事」や「日本人であることを活かせる仕事」を探している方は多いのではないでしょうか。
実は、海外移住できる働き方や仕事には、選択肢が多数存在するのです。
このコラムでは、その働き方と仕事についてご紹介していきます。

アドバイザーに詳しく聞いてみる

海外に移住できる働き方

海外に移住できる仕事を確認する前に、まずは海外に移住できる働き方について確認してみましょう。

【海外に拠点がある日本企業に就職する】
新卒の方や、安定した環境で働きたい方に向いているのが、海外勤務がある日本企業に就職すること。大企業であっても新卒であれば就職のチャンスがありますし、中途でも実績を積んでいれば転職も夢ではありません。
ただし、新卒入社後すぐに海外支社に派遣される例は少なく、数年は日本で経験を積むのが一般的です。
企業によって、必ず海外に行けるとは限らない点や、希望する時期や国を選べない可能性がある点については留意する必要があるかもしれません。

【日系企業の現地採用に応募する】
自身が望むタイミングで好きな国に移住したいなら、日系企業の現地採用に応募する方法があります。日本から派遣される駐在員は会社の命令があれば帰国しなければなりませんが、現地採用であればそのような会社都合の帰国命令は滅多にないといえるでしょう。
駐在員と比べると給与が低かったり、トップに駐在員がいるので出世に限界があったりしがちなことがデメリットにあげられますが、「今すぐ海外に移住したい」という人におすすめの働き方です。

【海外の企業に就職する】
すでに一定の語学力や専門スキルを持っているなら、海外の企業に就職する道もあります。
海外での就職はほとんどが実力主義で、日本のような新卒一括採用といったシステムはありません。現地の人との就職競争に負けないために、一定の語学力が必要なのはもちろんのこと、プラスアルファのスキルや実績が必要になるといえるでしょう。
社会人経験が浅い段階から、いきなり海外企業に就職するのは難しいかもしれません。そのため、あらかじめ現地の学校に通って専門性を身につけておく等、計画的なキャリアデザインを用意する必要があります。

【フリーランスの個人事業主になる】
どこの企業にも所属せず、個人事業主としてフリーランスになるという方法もあります。
フリーランスの仕事は、たとえばブロガーやライター、バイヤーなどが挙げられます。
ブロガーはブログを書き読者を獲得することで広告収入が得られ、ライターは主に取材などを通じて記事を書くことでクライアントから報酬をもらう仕事です。バイヤーは、国内外の物品などを販売して利益を生み出します
インターネットが普及した今では、時間と場所を選ばず働けるフリーランスという働き方は、世界的に増えつつあるといえるでしょう。

【ワーキングホリデー制度を使う】
ワーキングホリデーとは、2カ国間の取り決めにもとづき18歳~30歳の若者が1年間お互いの国に滞在できる制度のこと。滞在中の就労・就学・観光が許されており、フルタイムで働ける自由度の高さが魅力です。
ワーキングホリデーは年齢と渡航先の制限がありますが、条件を満たしているなら利用する価値はあるでしょう。
外務省のWebサイトに記載されているワーキングホリデー協定国は以下のとおりです。
〈ワーキングホリデー協定国〉
オーストラリア / ニュージーランド / カナダ / 韓国 / フランス / ドイツ / イギリス / アイルランド / デンマーク / 台湾 / 香港 / ノルウェー / ポルトガル /ポーランド / スロバキア / オーストリア / ハンガリー / スペイン / アルゼンチン / チリ / アイスランド / チェコ / リトアニア / スウェーデン / エストニア / オランダ

参照元:外務省 – ワーキング・ホリデー制度
なお、ワーキングホリデー協定国は増加しているため、今後上記国以外にも協定国が追加される可能性はあります。

◆関連記事
海外で働きたい!日本人が海外で活躍できる仕事
https://lc-mexico.com/contents/article/4298/

アドバイザーに詳しく聞いてみる

日本人におすすめ仕事 6選

本項では、「資格がなくてもできる仕事」や「日本人であることを生かせる仕事」という観点から、日本人が海外で働きやすい仕事をピックアップして以下にご紹介します。

【日本語教師】
日本人が海外で働ける職種の例として、よく挙げられる日本語教師。日本が好きな海外の人と交流でき、日本語だけでなく、日本の習慣や文化などの知識を活かせる職業です。
海外で日本語を学ぶ人たちの動機は、「日本の文化が好きだから」「日本で働きたいから」「日本に旅行に行きたいから」といったもの。
教える立場でありながら、生徒との交流を通して現地の言葉や文化を学べるのも魅力でしょう。

・おすすめのポイント
日本人であることや、日本語を活かせる。海外の人(生徒)と交流しやすい。

・必要なスキル
海外で日本語教師として働くのに資格はいりません。
ただし「大学、大学院で日本語専攻を修了する」「日本語教師育成講座420時間コースを修了する」「日本語教育検定試験に合格する」のうちいずれかが求められます。

【日系企業の事務、営業】
日本で事務や営業の経験があるなら、スキルを活かして現地の日系企業に就職できます。オフィスでは基本的に日本語を使って仕事をするので、海外であっても日本と変わらない環境で働きたい人にとっては魅力的。
営業は社外でのやり取りがありますが、取引先が現地の日系企業であれば、高度な語学力がなくても大丈夫だといえるでしょう。

・おすすめのポイント
日本での経験やスキルを活かせる。職場によっては基本的に日本語を使って働ける。

・必要な資格
日本にいる間に培った、業務に必要な経験や知識、資格。

【ITエンジニア】
ITのスキルがあるなら海外のエンジニア募集に応募できます。ITエンジニアは発展途上国から先進国まで求人が比較的多く見られ、スキルを生かして働ける職種です。
日本企業の海外支社に派遣される、現地採用されるといった働き方のほかに、ITエンジニアではフリーランスという働き方を選ぶ方がいます。ただし、フリーランスはビザが発行されにくいので、国によっては移住のハードルは高いかもしれません。

・おすすめのポイント
世界的に勢いのあるIT分野で、さまざまな国で活躍できる。

・必要な資格
ITスキルは必須。
アジア諸国と相互認証が行われている「情報処理技術者試験」等、日本の資格が通用することもある。また、国ごとに設けられた資格があると有利になることがある。

【飲食店のスタッフ】
飲食店のホールスタッフは簡単な現地語ができれば採用されるケースが多く、海外で初めて働く人におすすめの仕事。
日本人客が多い日本食レストランならほとんど日本語での対応になることもあり、少しずつ海外での生活に慣れていくことが期待できます。
・おすすめのポイント
要求される語学力のハードルが低め
・必要な資格
特になし

【ホテル・クルーズ船のスタッフ】
日本人客を相手にするホテルやクルーズ船では、日本語が使える人材を募集していることがあります。仕事は清掃からフロントまでさまざまですが、あえて日本人を募集している場合はフロントなどの接客業務であることが多いようです。
接客業に興味がある人、日本人として期待されがちなきめ細やかな対応が得意という人に向いています。

・おすすめのポイント
日本人であること、日本語を活かせる。

・必要な資格
特になし

【ツアーガイド】
お客様が日本人の場合は高い語学力がなくても働けます。とはいえ、現地の人とやり取りするための最低レベルの語学力は必要です。いざという時、ガイドとして現地の警察や消防、救急と連絡をとれる対応力が求められます。

・おすすめのポイント
要求される語学力のハードルが低め。日本人であることを活かせる

・必要な資格
特になし

◆関連記事
海外で働くには?海外で働く方法や職種、メリットデメリットを解説!
https://lc-mexico.com/contents/article/4187/

アドバイザーに詳しく聞いてみる

海外へ移住するために必要な5つの準備

日本経済のグローバル化とともに、海外移住を実現する人も少しずつ増えてきました。とはいえ、十分な用意がないままの渡航は、依然リスクが高いといえます。
移住先で充実した生活を送るために、以下の事前準備をしっかりと行いましょう。

【1.海外に移住したい理由を明確にする】
海外に移住する目的はできるだけ明確にしておくのが良いでしょう。
慣れ親しんだ環境でさえ問題は起こるのに、全く知らない海外の土地に住むのですから、それ以上の困難やトラブルに見舞われる可能性は大いにあります。
自分が移住先で、できることややりたいこと、身につけたいことを明確にすれば、おのずと次にやるべきことが見えてくるでしょう。自分の目的が明確になれば、移住する手続きの円滑化や移住先のミスマッチ防止につながります。
移住後に「こんなはずじゃなかった」と思わないためにも、なぜ海外に住みたいのかを自分自身の中で、はっきりさせておきましょう。

【2.海外移住の初期費用を用意する】
移住するために海外で働くといっても、就業後すぐに給料が支払われる訳ではありません。当面の生活費やビザの申請代、渡航費などは日本にいる間に用意しておきましょう。緊急事態にあっても対処できるように、余裕をもって資金を確保しておくと安心です。
渡航先や就職事情によりますが、初期費用は100万円~200万円程度は必要になると考えておいた方が良いでしょう。いざという時に困ることがないように、経費を項目ごとに見積もり、金銭状況を把握しておくことをおすすめします。

【3.海外で暮らすための基礎的な語学力をつける】
職種によっては、現地語を話せなくても働ける可能性があります。しかし、現地語をある程度使いこなせれば、選べる仕事の幅は広がるでしょう。生活の面においても、基礎的な語学力があるに越したことはありません。
また、英語を身につけておくのも有効でしょう。国や職種で異なりますが、IELTSスコアで「Overall 6.5」を保持しているかどうかが基準とされるケースもあります。IELTSとは実践的な英語力を測るための英語検定の1つです。英語圏で重視される傾向にあり、移住する国によってはIELTSで規定の点数を取得する必要が出てくるでしょう。
自分の移住したい国の言語やビザ申請時に必要とされる語学力の条件を確認し、必要に応じた語学の習得を目指してください。

【4.渡航先の情勢や求人の傾向を把握する】
渡航先の国の情勢や特徴を把握し、求人の傾向をチェックしておくことも大切です。
求人は、季節や流行に左右されます。また、日系企業の進出で日本人向けの求人が増加している国や、観光業が盛んで日本人対応のスタッフ募集が多い国などもあるでしょう。興味のある国の状況をこまめに確認すれば、希望する職種に就ける可能性も高まります。
自分の移住の目的にマッチする求人に出会うために、行きたい国の情報を収集しましょう。

【5.渡航先のビザ取得が可能かどうか調べる】
海外に移住し仕事をするためには、ビザを取得する必要があります。ビザの種類は国によって異なりますが、海外で働く際は「就労ビザ」を取得するのが一般的です。
現地の就職先が手続きを行ってくれるケースもありますが、必ずしもそうとは限りません。自分の移住したい国にどのようなビザがあるのか、就労するためにはどのビザが適用されるのかを事前に調べておきましょう。

◆関連記事
メキシコに移住するには?国の風土や必要な語学力、仕事事情を解説
https://lc-mexico.com/contents/article/2851/

アドバイザーに詳しく聞いてみる

海外で働く際は転職エージェントの利用がおすすめ

日本と言語や文化の異なる海外で働くには、経験豊富なプロのエージェントの利用が近道ともいえます。
以下に、転職エージェントの利用がおすすめの理由をまとめました。

【良質な求人情報が集まりやすい】
海外転職エージェントは、求人サイトには出ていない非公開求人の情報を有していることがあります。
また企業も何かあった時にトラブルにならないよう、保険の意味も含めて転職エージェントを利用するケースが多いです。
特に、大手であるほど、転職エージェントを利用していることが多く、雇用条件も転職エージェントを通した方が良くなるといえるでしょう。

【契約などの専門知識が必要な場面で代行してくれる】
転職エージェントは求人の紹介だけでなく、企業との契約や交渉も一部、求職者の代わりに行います。そのため、契約などの専門的知識が必要な場面を有利にすすめることができるといえるでしょう。
転職エージェントを利用しないで海外就職をする際は、求人サイトの登録もしくは直接企業に掛け合うことになります。スケジュールの管理から、書類作成、契約までを全て独力でやらねばなりません。
海外の企業と単独で契約を結べるスキルがある方や、企業と現地語でやりとりできる方でも無い限りは、海外就職に転職エージェントを活用するのが無難です。

【不要なトラブルを回避できる】
2国間で文化や制度を跨ぐ海外就職においては、雇用契約にまつわるトラブルが頻繁に見受けられます。
たとえば、企業が労働者側に不利な条件を含めた契約を押し付け、両者間に軋轢が生じた挙げ句、訴訟にまで発展してしまうといったケースもあるようです。
雇用契約などの諸契約は、法的な拘束力が発生する前に、一度プロの目を通して内容を吟味から締結するのをおすすめします。

「移住先をどの国にするか迷っている」という方は、日本人向けの求人が増加しているメキシコに目を向けてみませんか?
2000年代から、日本の自動車メーカーが次々とメキシコに進出し、生産拠点を構えてきました。
そのため現在メキシコ国内では日系企業の求人が増えており、海外で働きたい人にとっては大きなチャンス。営業や事務といった求人を探せるでしょう。

◆関連記事
日本人女性が海外で働くなら、この仕事がおすすめ
https://lc-mexico.com/contents/article/3260/

メキシコでの就職に興味がある方は、転職エージェントのLeverages Career Mexico(レバレジーズキャリアメキシコ)をご利用ください。
当サービスではメキシコの日系企業や現地企業のご紹介を行い、海外で働きたい方をサポートしています。専門性の高いキャリアアドバイザーが詳しい業務内容、企業風土をお伝えするので、海外での就職が初めての方もご安心を。
製造、旅行、保険、商社といったさまざまな業種から、あなたに合ったお仕事をご提案いたします。

メキシコの就職、生活事情に詳しい
アドバイザーがあなたをサポートします

海外経験がない方も全面バックアップ!

無料相談を申し込む