このページのまとめ

・女性は年代によってライフプランが変わるため、海外赴任のハードルが上がる?
・海外赴任を目指す女性に多い悩みは、結婚出産・夫や子供の帯同問題
・給料や待遇の優遇、キャリアアップなど女性の海外赴任はメリットが多い
・女性が海外赴任を目指すなら、スキルアップや社内アピールが重要


女性の海外赴任はハードルが高いのでしょうか?
スキルアップ・キャリアアップのために海外赴任をしたい!でも女性として結婚出産は?夫と子供はどうするの?いざ海外赴任をしたいと思っても、女性としての悩みは多いかと思います。
当コラムでは海外赴任を目指す女性ならではの悩みや海外赴任のメリット、女性が海外赴任を目指す時にやるべきことを解説していきます。

女性の海外赴任はハードルが高いのか?

海外赴任と聞くと、一般的に男性のイメージが強いかと思います。
実際に女性の海外赴任は難しいのでしょうか?理由と合わせて詳しく見ていきましょう。

【海外赴任に選ばれるのはどういった人材か】
海外赴任は希望をすれば誰でも叶うというものではありません。
会社が海外赴任の人材を選ぶ際のポイントをまとめました。

・語学力
現地で仕事や生活をするうえで、言葉のコミュニケーションは不可欠です。職種にもよりますが、外国人相手に商談をするような環境であれば、業務上における専門用語も理解出来るレベルの高い語学力が必要となるでしょう。日本人相手の業務内容であれば高い語学力はさほど必要ではないかもしれませんが、現地で生活をする上では日常会話が出来る程度の語学力は必要となります。

・評価が高い
いくら英語や現地の言葉が流暢に話せても、仕事として結果を残していないのであれば海外赴任に選ばれるのは難しいでしょう。会社は高いコストを払って海外赴任をさせるため、現地でも結果が求められます。そのため日頃から業績が良い社員や、今後が期待出来る社員、信頼出来る社員、自発的に行動が出来る社員など会社からの評価が必要となってきます。

・勤続出来る、会社を辞めない
海外赴任は会社として莫大なコストがかかります。そのため休職や退職をしないであろう人材を選択するのが普通です。海外は環境や文化、食事も日本とは全く異なるため日本で暮らして働くよりもストレスがかかります。日本では当たり前のことでも、海外では通用しないということは多々あるでしょう。そのため異国の地でもすぐに馴染める精神的なタフさ、環境適応力が大切となってきます。
また海外の場合は会社に縛られずにキャリアアップ・スキルアップを目指す「職に就く」という考えがメジャーですが、日本の場合は終身雇用制度から「会社に就く」という考えが一般的です。そのため会社を辞めない人材を選ぶ傾向があります。よって愛社精神があることもアピール出来れば良いでしょう。

【女性は年代ごとにライフプランが変わる可能性がある】
海外赴任に選ばれる人の条件を前述しましたが、女性の海外赴任のハードルが高いと考えられる理由は勤続出来るか、会社を辞めないかという点になります。
その理由は女性は男性に比べ結婚、出産によってライフプランが変わる可能性が高いからです。もちろん結婚をしても仕事を続ける女性は多くいます。しかし配偶者の転勤による退職懸念や、産休・育休を考慮して海外赴任者の人選をする会社も多いでしょう。
そのため海外赴任を希望する女性は自分から積極的に海外赴任の希望をアピールすることで、1つの高いハードルを超えられるでしょう。

アドバイザーに詳しく聞いてみる

海外赴任を目指す女性特有の悩み


スキルアップやキャリアアップのために海外赴任をしたいと思う女性は多いでしょう。しかし海外赴任には女性ならではの悩みがあります。どういった悩みがあるのか見ていきましょう。

【海外赴任か結婚出産か】
海外赴任をしたいと思っていても、実際に海外赴任のチャンスが訪れた時に多くの女性が悩む問題が結婚・出産です。

会社によって異なりますが海外赴任の話が現実的になってくるのは、入社して5年目から10年目頃ではないでしょうか。社会人としてのマナーや働き方を身に付け、責任が伴うポストに就く人も増えてくる頃です。年齢としては20代後半から30代前半、女性としては結婚や出産を考える人が多い年代でしょう。
結婚や出産はしないという選択肢の女性からすると特に問題はありませんが、将来的に結婚出産を考えている女性からすると大きな悩みの種となります。キャリアアップのために海外赴任を優先するのか、結婚出産を優先するのか二者択一の選択となりがちでしょう。

結婚出産を優先すると、海外赴任は不可能と考えているのではないでしょうか。たしかに現状難しい問題ではありますが、不可能ではありません。配偶者や親族はもちろん、会社の理解やサポートがあればキャリアアップとプライベートの両立も可能でしょう。近年では商社を中心に出産や育児期に重ならないようにキャリアの前倒しを行なう企業も増えているので、今後はさらに女性の海外進出が身近になるといえるでしょう。

【海外赴任が決まったら夫や子供は帯同するのか】
いざ海外赴任が決まった時に、夫や子供を帯同させるべきか悩む女性は多いでしょう。単身赴任をする、夫が仕事を辞め子供と共に帯同する、子供だけ帯同し夫は日本で勤務を続けるなど様々な選択肢があります。単身赴任をするとなると、日本で夫や親族のサポートが不可欠でしょう。夫が仕事を辞めて子供と共に帯同する場合は夫の仕事の問題、子供だけ帯同する場合は子供の教育や生活のサポートの問題など悩みは多く複雑です。

近年では女性の海外進出を後押しするための支援制度が広がっており、子連れで海外赴任をする場合は引越し費用の拡充や保育費用・ベビーシッター費用の補助をする企業が増加しています。また配偶者が海外赴任をする場合は3年間まで休職出来る制度を定めている企業もあり、男性が休職して帯同する事例も増えています。海外赴任が決まった際には自身の会社の支援制度だけでなく、配偶者が勤めている会社の支援制度も確認してみるとよいでしょう。

アドバイザーに詳しく聞いてみる

女性が海外赴任をするメリット


海外赴任は給料面や待遇面のほか、キャリアアップにおいてもメリットがあります。詳しくまとめました。

【給料が上がる】
赴任する国や業種によって異なりますが、日本で働いている頃よりは給与が上がるケースが多いです。現地通貨の給与と日本円による給与が支払われ、年収支給額の目安としては日本にいる頃の約1.5倍といわれています。なお赴任先では所得税や住民税を払う義務が発生しますが、会社が負担するため実際の手取りは日本にいた頃の約1.8倍くらいが目安となります。

【各種手当て等の待遇面で優遇される】
海外赴任の場合は給与以外の各種手当の待遇も優遇されることが多いです。
会社によって様々ですが、手当てには以下のようなものがあります。

・海外赴任手当
海外赴任そのものに対する手当て。

・住宅手当
会社が家賃を負担する。危険が及ばないように高級住宅の場合も多い。

・通勤手当
自動車がないと生活できない地域では自動車1台が支給され、ドライバーがつく場合もある。

・家族手当
家族も一緒に帯同する場合、配偶者と子供の人数に応じて支給される。

・子供の養育費
子供が帯同する場合、子供の養育費を会社が負担する。

・医療費や現地での保険
会社が海外保険に加入し、病院にかかった場合はその医療費も負担する。

・ハードシップ手当
赴任する国の危険度に応じた手当て。企業や赴任する国によって金額は異なる。

【キャリアアップに繋がる】
会社や業種によって異なりますが、海外赴任の際には日本にいたときよりも役職が上がるケースが多く見受けられます。前述したように海外赴任に選ばれるのは、将来を期待された社員が多いためです。そのため海外赴任先で結果を残すことによって、任期が終わった後もさらなるキャリアアップを見込めるでしょう。

アドバイザーに詳しく聞いてみる

海外赴任を目指す女性がやるべきこと


女性が海外赴任を目指すのであれば、何をやればよいのでしょうか。
身に付けておくと良いスキルや行なうべき行動をまとめました。

【自分に出来ることはなにか?スキルアップを図る】
海外赴任をするにあたって、まず必要なスキルは語学力です。赴任する国によって言語は異なりますが、英語であればTOEICなどの資格を持っておくと自身の語学力の証明になるでしょう。また英語は公用語として使用している国が多いため、身に付けておいて損はないといえます。
なお海外では即戦力が求められることが多いため、今の業務や希望する職種において関連する資格等があれば取得しておくとよいでしょう。

【会社に海外赴任希望のアプローチをおこなう】
いくら海外赴任をしたいと思っていても、人事にその思いが届かなければ叶うことは難しいでしょう。特に女性はライフプランが変わる可能性が高いため、会社によっては女性の海外赴任者が選ばれにくい場合もあります。また海外赴任を希望する社員は多いため、仕事上でのアピールはもちろん、評価やキャリアの面談時に上司に自身の意向を伝えることが大切です。

【海外赴任が出来る企業へ転職をする】
もし今勤めている会社で海外赴任が難しい状況であれば、転職を視野に入れましょう。転職には自身で海外赴任候補の求人を探して転職活動を行なう方法と、転職エージェントを利用する方法があります。

自身で転職先を探す方法では、求められる条件と自分の経歴がマッチすれば希望する国に行けるチャンスは大きいでしょう。しかし海外赴任候補の求人は人気で競争率が高いため、ある程度のスキルや資格、実績がなければ難しいのが現状です。

一方で転職エージェントを利用する方法では、自分の経歴やスキルにマッチした求人を紹介してもらえるため確実性が高いといえます。また転職エージェントは非公開求人も持っているので、自分が希望する企業の求人に出会える可能性もあります。

転職エージェントのLeverages Career Mexicoではメキシコでの海外就職を支援しています。
就職支援豊富な日本人スタッフが、転職サポートや入職後のフォローを行なうので安心です。
海外転職の方法や求人広告だけでは分からない情報も親身になって対応するので、興味がある方はぜひお気軽にご相談ください。

メキシコの就職、生活事情に詳しい
アドバイザーがあなたをサポートします

海外経験がない方も全面バックアップ!

無料相談を申し込む